招待客に聞く!自分がまねしたい結婚式

テンポのよい進行と料理は注目のまと

「まねしたい」と感じられる結婚式の特徴としては、テンポのよい進行が上げられることが多いです。新郎新婦と司会者の事前の打ち合わせにより、スムーズに結婚式が進行することが好意的に受け止められるのです。スピーチに立つ人物が多すぎたり、ひとりが話す時間が長すぎると進行のテンポが悪くなるので避けたいものです。
また、結婚式で招待客に振る舞われる料理もまねしたくなるポイントのひとつです。料理がおいしいことは大前提ですが、その見栄えや食べやすさも注目されるのです。もともと料理の見栄えは重視されるものですが、近年ではSNSに料理の画像をアップすることが当たり前のようになっているので影響が大きいのです。また、食べやすさに配慮するのは幅広い年齢層から好印象を受けるポイントになります。

海外であげる結婚式も人気

「まねしたい」と思う人が多いのに、なかなかまねできないのが海外であげる結婚式です。
海外であげる結婚式とは、外国のホテルや結婚式場に招待客を招いて行う結婚式です。ハワイ・グアム・サイパンなど、日本からあまり離れていない地域がよく選ばれています。景色の美しさや日本にはない豪華なチャペルなどが新郎新婦だけではなく招待客からも人気です。
しかし、招待したい人全員に海外まで来てもらうのは、スケジュール調整や経済的負担をかける点で国内の結婚式よりハードルが高い場合もあります。そこで、海外に呼ぶのは両親のほかに限定されたメンバーにして、後日国内で親族などを集めて食事会を開催する例もあります。ハードルを超える努力をする価値があるのが海外での結婚式ですよ。

ブライダルリングとは結婚式で新郎と新婦が交換する指輪のことを言い、左手の薬指にはめるのが一般的です。